日本〇〇名城

  • 2017.12.29

日本100名城、日本続100名城以外にも「〇〇名城」と呼ばれるものがいくつかあります。 城に興味を持ちはじめたけれど、どこから訪問するか迷っているという方、手始めにこれら「〇〇名城」から訪問されてみるのも楽しいですよ。 日本三名城 徳川将軍家の本拠地だった江戸城を別格として、その他の城の中から選ばれし3つの名城です。 諸説がありますが、築城の名手とされる加藤清正、藤堂高虎が関わった名古屋城、大坂城 […]

高取城

基本情報 築城年 南北朝時代・天正10(1582)年 築城者 南北朝時代・越智氏 戦国時代・筒井順慶 主な城主 越智氏、筒井順慶、脇坂安治、植村氏 概要 南北朝時代に越智氏の支配下だったが、織田信長の一国破城令で一度は廃城。 しかし信長の死後、筒井順慶が再建すると、賤ケ岳の七本槍の一人としても有名な脇坂安治を経て植村氏が城主として幕末まで存続した。日本3大山城の一つとされます。 詳細はMARO参上 […]

丹波亀山城

基本情報 築城年 天正5(1577)年~天正7(1579)年 築城者 明智光秀(織田氏傘下) 主な城主 明智光秀、小早川秀秋、前田玄以など 概要 織田信長の命をうけて光秀が築城。丹波統治の中心となり、1582(天正10)年の「本能寺の変」では、この亀山城から光秀が出撃。幕末まで松平氏などが入り存続。 詳細はMARO参上の該当ページをご参照ください。 MARO参上のページへ 廃城年 明治維新まで存続 […]

観音寺城

基本情報 築城年 応仁・文明年間(1467~87) 築城者 佐々木六角氏 主な城主 佐々木六角氏 概要 近江守護として栄えた佐々木六角氏の名城も、永禄11(1568)年に織田信長が上洛してくると戦わずして信長の前に屈したとされる山城。 詳細はMARO参上の該当ページをご参照ください。 MARO参上のページへ 廃城年 永禄11(1568)年 現状 観音正寺、桑実寺、山林 思い入れの理由 織田信長の京 […]

金沢城

基本情報 築城年 天文15(1546)年、天正8(1580)年 築城者 一向宗、佐久間盛政(織田氏傘下) 主な城主 一向宗、佐久間盛政、前田利家 概要 加賀100万石の中心地。前田氏の城として幕末まで続いた。戦後、金沢大学のキャンパスとなったが、平成7(1995)年に城址公園として再整備。シンボルの菱櫓が復元され、石川門、三十間長屋、鶴丸倉庫は当時の建造物として残ります。 詳細はMARO参上の該当 […]

山中城

基本情報 築城年 永禄年間(1558~1570) 築城者 北条氏康 主な城主 松田康長、北条氏勝(共に北条家臣) 概要 小田原城の守りを固める目的で築城。天正18(1590)年に豊臣秀吉の小田原征伐で豊臣秀次らに攻撃され落城。 詳細はMARO参上の該当ページをご参照ください。 MARO参上のページへ 廃城年 天正18(1590)年 現状 山中に城跡として保存整備 思い入れの理由 障子堀を一度見たく […]

八王子城

基本情報 概要永禄12(1569)年に武田信玄に滝山城を落城寸前まで攻められ、より強固な城をと八王子城は築城されたとされ、小田原に匹敵する後北条氏の重要拠点となるも、天正18(1590)年、豊臣秀吉の小田原征伐で前田利家・上杉景勝らに攻められ壮絶な落城を遂げたとされる関東きっての戦国時代の名城。 詳細はMARO参上の該当ページをご参照ください。 MARO参上のページへ 築城年 天正15(1587) […]

宇都宮城

基本情報 築城年 鎌倉時代 築城者 藤原秀郷とも伝わるが宇都宮氏 主な城主 宇都宮国綱、蒲生秀行、本多正純 概要 天正18(1590)年に豊臣秀吉が小田原征伐後、自ら入城し、伊達政宗らの処遇を定めた宇都宮仕置(奥州仕置)の舞台になった。 江戸時代にも元和8(1622)年に、徳川秀忠が宿泊する際に暗殺するつもりで(実際は壬生城へ宿泊)、当時の城主・本多正純が天井に「釣天井」という仕掛けを行ったという […]

現存天守の残る城

  • 2017.12.17

やはり城と言えば「天守閣」と思われる方も多いと思います。 実はその天守閣、江戸時代から残るものは全国で合計12城となっています。 それらを「現存天守」等と呼びますが、ここではその現存天守が残る12城を紹介します。 弘前城 所在地 青森県弘前市下白銀町1 築城年 慶長14(1609)年 主な城主 津軽信枚、以後津軽氏 城の詳細説明 Wikipediaの該当ページへ 松本城 所在地 長野県松本市丸の内 […]

様々な天守の種類

  • 2017.12.16

城の醍醐味の一つ天守閣ですが、その多くは建築物としては歴史的な価値をなくした「再建」されたもの。 ここでは、それらの天守閣について説明をします。 復元天守 城は明治に入り1873年、廃城令(全国城郭存廃ノ処分並兵営地等撰定方)によってその多くが取り壊しなどの処分を受け、天守閣だけでなく城のありとあらゆる機能が失われてしまった歴史があります。 また取り壊しは免れたものの、戦争によって焼失した名古屋城 […]