タグ:奈良県の城

高安城

基本情報 築城年 天智天皇6(667)年 戦国時代 築城者 天智天皇 戦国時代・松永久秀 主な城主 天智天皇、松永久秀傘下 概要 663年、朝鮮半島で勃発した白村江(はくすきのえ)の戦いにおいて、日本・百済連合軍は唐・新羅連合軍に敗れた後、大和朝廷が本土防衛の目的で築城した朝鮮式山城と称される古代山城です。 中世には松永久秀が、信貴山城の支城として改修したとされます。 MARO参上のページへ 廃城 […]

大和郡山城

基本情報 築城年 初代:応保2(1162)年 近代:天正8(1580)年 築城者 初代:郡山衆と呼ばれる武士団 近代:筒井順慶 主な城主 郡山衆、筒井順慶、豊臣秀長、増田長盛、水野氏、柳沢氏 概要 中世に郡山衆が要塞を設けていた地に、戦国時代、筒井順慶が築城。天守閣も用意されたとされます。 順慶没後は秀吉の異父弟、豊臣秀長が入城、さらに五奉行の増田長盛と豊臣政権の重要人物の居城となります。 徳川時 […]

信貴山城

基本情報 築城年 天文5(1536)年 築城者 木沢長政(畠山氏の家臣) 主な城主 木沢長政、松永久秀 概要 戦国初期、畿内の実力者だった木沢長政によって築城され、後、三大梟雄として著名な松永久秀が巨大な城郭に改修したとされます。 天正5(1577)年に信長に謀反を起こし籠城した際も、信長は名器「平蜘蛛茶釜」を差し出せば助命すると伝えたとされますが、従うことなく、それに爆薬を込め自らも爆死したとい […]

高取城

基本情報 築城年 南北朝時代 天正10(1582)年 築城者 南北朝時代・越智氏 戦国時代・筒井順慶 主な城主 越智氏、筒井順慶、脇坂安治、植村氏 概要 南北朝時代に越智氏の支配下だったが、織田信長の一国破城令で一度は廃城。 しかし信長の死後、筒井順慶が再建すると、賤ケ岳の七本槍の一人としても有名な脇坂安治を経て植村氏が城主として幕末まで存続した。日本3大山城の一つとされます。 詳細はMARO参上 […]